ストレス緩和で病気を回避する~健康体の作り方~

男性

心と体の健康を考えて

男性

ストレスは万病のもとと言われる程、あらゆる病気に大きく関係していることが分かってきました。しかし、ストレスは目に見えるものではないので、その存在も大きさも計ることが出来ません。大きな病気になる前に、自分の生活環境を見つめ直し、心身共にバランスの取れた生活に変えていくことが必要不可欠なことなのです。

Read More...

心を軽くするために

パソコンと男性

現代社会を生きていく上で、ストレスは誰しもが感じるものです。しかし軽度なストレスならば問題ありませんが、重度のストレスが積み重なると、さまざまな病気の原因となってしまうリスクがあるために、問題視されています。

Read More...

心への負担の軽減が先決

女性

ストレスを溜め過ぎると心の病気と体の病気を起こし易くなります。日頃からストレスを感じ難い環境づくりも必要です。そして心と体に異変を感じたら早めに専門家への相談が必要です。特に心の問題が絡んだ症状は心療内科や精神科での治療が最適です。

Read More...

コントロールするために

医者

まずは認めて

ストレスは心だけでなく体にも影響を与えるために、過度なストレスは自律神経失調症や過敏性腸症候群、胃潰瘍や虚血性心疾患などの病気を招く原因にもなりかねません。他にもうつ病や脱毛症など、たかがストレスといって甘く見ていると、さまざまな症状や病気に襲われることになってしまう可能性もあるため、そうならないためにも軽度のうちの改善が必要だと言えます。しかしながら自分自身でストレスの存在に気づいていなかったり、気づいていたとしても我慢してしまうケースなども多いために、病気になるまで行動を起こさないといったことが多いのが一般的です。そもそも病気と違ってストレスの場合は免疫力などつきません。そのためにまずはストレスの存在に気づき、認めてあげることが肝心です。そして認めることが出来たならば、無理に打ち勝とうとせず、あきらめて受け流すようにしてみましょう。そうすることで心に余裕を保つこともできるようになります。また解決できないような悩みは、解決できないのだから回避してしまいましょう。他にも決めたことはすぐに行動するようにすれば、悩む時間も減って物事の進行がすんなりいきます。あとは無暗に怒ったりするとエネルギーも消耗しますし、周囲にも悪い影響を与えます。そのために公共の場では怒らないようにして、ゆったりとした心持ちでいるようにしてみましょう。

メンタルケア

できるだけストレスと無縁の生活をしたいと思っても、仕事や学校などでは、どうしてもストレスが発生してしまうこともあります。そうなったときは、やはり発散させることが大事です。おもな発散方法としては、気分転換として趣味などの好きなことを実行するということです。これは好きなことであるために、やっていて楽しい気分になります。また信頼できる友人や家族などと会話をするのも良いでしょう。会話内容は文句や愚痴でも構いません。またそういった人がいないなら、カウンセラーや医者などの専門家に話を聞いてもらうという方法もあります。医師などであれば、何にストレスを感じているのかなど、話を聞くことによって原因追求や解決に導いてくれます。いまは精神科だけではなく心療内科もあるので、少し食欲が減った、やる気が出ないなどの症状があれば、それがストレスによってもたらされている可能性も考慮して、医療機関へ足を運びましょう。そのままにしておくと、単なる気分の落ち込みだけに留まらず、最悪の場合はうつ病に発展してしまう恐れもあります。早めに自分でいつもと違うと感じたら、相談に行くようにしましょう。医療機関では薬物療法や心理療法など、その人の状態に応じたケアを行なってくれます。

心の病を治す

男性

仕事や学校においての対人関係のストレスによって、心の病気になってしまう人がいます。心の病が疑われる時は、早期に心療内科に通院することが大切です。うつ病の特徴としては、無気力感やマイナス思考が挙げられます。また心の病気を予防するためには、睡眠と食事をしっかり確保することが大切です。

Read More...