ストレス緩和で病気を回避する~健康体の作り方~

笑顔

心への負担の軽減が先決

女性

環境の見直しが効果的

現代社会は情報システムが高度に発達した便利な社会です。テレビやパソコン、携帯電話の普及が生活を安全で便利にしてくれます。しかしメディアから一方的に流される情報は時としてストレスに感じる事もあります。更に価値観の多様性といった変化も人間関係をより複雑化させています。この様なストレス社会と上手に向き合っていく方法を会得している人は快適に生活できますが、そうでない人はストレスが溜まり、精神状態や健康状態に少しづつ影響を及ぼしていきます。集中力が持続せず、気力が失せる等の症状で仕事でもミスが頻発する様になると、かなりストレスによる影響が出ていると考えられます。ストレスを溜め易い人の特徴として真面目で勤勉なタイプが多く、心に余裕が少ない傾向もあります。自分が他の人よりストレスを溜め易い性格だと気が付いたら思い切って環境を変えてみる事も必要です。急に職場等を変えるのは困難ですが、休日の家庭での過し方を見直し、趣味等を通じて積極的な人間関係を築いていくのもストレス解消には効果的です。長年継続してきた習慣を変えるのは容易ではないですが、ストレスは心の病気や生活習慣病等の様々な病気にも関連してくるので、積極的な改善が必要です。

専門家への相談も必要

ストレスにより心の病気や体の病気を患ってしまった人は早めに専門家へ相談する事が必要です。胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった臓器疾患を治療していくと共に心療内科や精神科を受診する事が必要になります。主にストレスによる体への影響を診ていく心療内科では心身症や自律神経失調症が治療の対象となり、うつ病や統合失調症、適応障害等の精神疾患は精神科での治療となります。体の方の治療をしていく過程で医師により心療内科や精神科の受診を勧められる事もあります。そうでない場合は心の問題を含んだ症状を素人が判断できる筈もないので、独りで悩まずにまずは心療内科か精神科を受診してみる事が先決です。いずれの科でも抗うつ薬や向精神薬による薬物療法や認知行動療法等の心理療法による治療を試みます。中でも臨床心理士によるカウンセリングでは症状の原因を紐解くきっかけになる事もあります。精神科での治療は入院が必要なケースもあり、完治には長い期間を要する事があります。回復の見込みが無い場合やカウンセラーとの相性がよくない場合は治療施設を変えてみるのも一つの選択です。そして心の問題が絡んだ場合の体の症状を改善させる際には焦りは禁物です。周囲の人間の協力も必要になります。臨床心理士との相性もあるので、慎重に通院する病院を選択しましょう。