ストレス緩和で病気を回避する~健康体の作り方~

笑顔

心の病を治す

男性

心身の疲労の病です

現代社会において仕事や学校の人間関係によるストレスが原因で、うつ病やパニック症、不安神経症になってしまう人も存在します。このような心の病気になった場合は自己判断で治そうとせずに、心療内科に通院して薬を服用することが早期の症状改善につながります。そして心の病気かもしれないという判断基準については、まずうつ病については対人関係のストレスにより発症する事が多いといわれています。具体的な症状としては自責の念や後悔の念など、マイナス思考が堂々巡りをしてしまうことに特徴があります。そして食事や家事などの日常生活に支障をきたすような事があるならば、早期の心療内科の通院を推奨します。次にパニック症の特徴としては、仕事中などに異常な緊張感や心臓の動悸が起きることに特徴があると言われています。このパニック症についての原因は、仕事や学校で責任ある立場にいる人が過度のプレッシャーや緊張によるストレスにより発症することがあるとも言われています。このような動悸や冷や汗が出るような緊張感が続くような場合は心の病気の可能性が高いために、早期の心療内科の通院をおすすめします。医師が指定する薬を服用することによって早期の病気改善が期待できます。

予防のために必要なこと

うつ病やパニック症状や不安神経症などの心の病気の要因は様々なものがありますが、共通しているといえるものは過度のストレスが挙げられます。そのため心の病気を予防するためにはストレスを軽減さえる心理状態や生活習慣を心がけることが大切であるといえます。具体的には睡眠時間をしっかりと確保することが大切です。夜はテレビやパソコンによって脳を興奮させないようにして静かに眠ることを心がけると良いでしょう。そして朝目覚めるときは、太陽の光を浴びることによって自律神経などが活性化するという事が近年の研究で判明しています。また食事についてもビタミンや栄養をしっかりと確保することが大切であるといえます。朝の時間帯は仕事や学校のために忙しいことが多いといえますが、そのような忙しさの中であっても朝食の時間を作ることが大切です。これらの規則正しい生活によって多くの心の病気を予防することが可能となります。さらに心の病気の予防としては、スポーツによって身体を動かして汗をかくことが大切です。規則正しい運動には、人間の心身を活性化する効果があります。また運動により汗をかくことによって自律神経を正常化する効果が期待できます。